沼津港 魚河岸 うまい魚天国 さかなや千本一
カップルでも家族連れでもくつろげる 駿河湾を満喫する和風鮮魚料理店
沼津御用邸記念公園ご用達のお店です

クーポン千本一クーポンかもめ丸旅行会社様沼津港マップ
各フロア
かもめ丸ご宴会駐車場マップアクセスリンク集ホーム


2014年10月4日 ホームページが新しくなりました。
2018年3月29日 本URLはなくなります。長らくのリンクご紹介ありがとうございました。

新URL 沼津港 魚河岸割烹さかなや千本一&海鮮丼と魚河岸定食かもめ丸
http://www.senbon1kamome0.com/


新しいホームページ の該当ページはコチラ
http://www.senbon1kamome0.com/column/ourshop-notnumber1/

「さかなや千本一」沼津魚河岸食堂街のグルメ偏差値

■有名店いっぱいの魚河岸食堂街
沼津港魚河岸食堂街には、
当店「さかなや千本一」以外にも、有名店がいっぱい。


たとえば、いつも行列ができる不思議な店「丸天」
     回転寿司の地元チェーン店の雄「魚河岸寿司」
     テレビでよく紹介される親父の「魚魚丸」
     旅行ガイド書によく載っている「いわしの磯はる」
     なんてったって老舗のブランド「双葉寿司」をはじめとして

各店がそれぞれ持ち味を生かしてしのぎを削っているグルメ・ゾーンです。そんな中で、当店こそ輝かしい「No.1」と胸を張りたいところですが、実はそう簡単じゃありません。(汗)
判断基準によるのはもちろんですが、もっとも客観的といえる尺度として、「賑わい度」でみてみると、夜はともかく(「昼」と「夜」の違いについては後述します)昼間、特に週末の土曜日、日曜日の賑わいようといったら恐ろしいものですが、そんな中でも、当店はけっして「No.1」ではないのです。(驚)
「丸天」や「魚河岸寿司」そして「魚魚丸」がベストスリーで、賑わい度ランキングでは、当店は後塵を拝しておるのです。(涙)

「ピチピチ新鮮 安くてウマイ!!」は当店の自慢で、けしてウソ偽りはないのですが、土日の昼間は、他の有名店が「満席」になってから、当店にお客様が流れてくるというトホホに情けない実態があるのでちゅー。(激涙)

何故か?

それは、当店が「一見(いちげん)客」受けしないからでえぇーす。つまり?

当店「さかなや千本一」の店がまえは、なんだか「魚河岸風」とはいえないので、初めてのお客様に敬遠されてしまうんでしゅう。困っちゃぶー。

言い訳すんなあー(怒)

言い訳じゃないのです。
詳しく言うと、「沼津港魚河岸」の食事に来る人には、ある「イメージ」があるのです。その「イメージ」に、当店は、そぐわないんです。


■沼津港食堂街の「イメージ」(?)
あなたは、「沼津の港に飯でも喰いに行くかー」と言うとき、
どんな「イメージ」を持ちますか?


「うーーん、沼津というと、「沼」がつくくらい田舎で泥臭イメージだから、ヤッパさ、長靴履いたオッサンとかさ、鼻水タラしたガキが、信じらんねーくらい安い寿司とか、ブツ切りにした刺身だとか、ガツガツ喰ってんじゃねーの?」
「ヤッパ寿司じゃん。身のデカいヤツ。あと、カニとかサー。アタシ、ウニ丼でもいいよ。」
「なに言ってんの。沼津はアジの干物でしょう。アジの干物においしいご飯と静岡茶よ。」

ムーーーー。(沈黙)

確かに、これらの意見は間違っておりません。正しい。沼津はそのとおり。
沼津は、ガツガツ食べる街なのです。でも、でも、でも。

でも、「さかなや千本一」はちょっと雰囲気が違うのです。
ちょっと、「高級ぽい」というか、「サンダルじゃ入りにくい」というか、何か、他の店とは違うのです。

しかも、ウチの店は「握りの寿司はやりません」
「みそ汁が薄い? そりゃ、ウチは天然出汁ですから、うまみ調味料の味はしませんよ」「生しらすが売り切れじゃ困る? そりゃ、ウチは冷凍物は出しませんから、いつでもどうぞ、という訳には参りません。」とかなんとか。


■本当に、 魚が好きな人が来て下さる
つまり、「さかなや千本一」は「料理屋」なのです。

「寿司屋」でも、「定食屋」でも、「丼物屋」でもなく、
キチンと、日本料理の修業を積んだ板前が腕を振るう、「鮮魚料理店」なのです。

だけどーーー。だけど、その存在は、けして、沼津魚市場食堂街の立地にバッチグーとは、残念ながら、言えないのです。

その結果!
当店の「お客様アンケート」を集計しても、まず群を抜いて多い「来店動機」は、「知人の紹介」です。「通りがかり」で来店されるお客様は、きわめて少ない、のです。
そして、「知人の紹介」でご来店されたお客様が、気に入って、その後何度もまたご来店される、というパターンが、大変多いのです。

ムーーーーー。(悩)

だから、夜のお客様には、強いのです。
「夕飯」に、「寿司だけ」や「定食」や「丼モノ」じゃ、やはり寂しいということもありますが、
「落ち着いてお食事するなら、千本一、がいいね」とおっしゃって下さるお客様が大変多いのです。ありがたいことです。(合掌)

■つまり、「うまい魚天国」なのだ!
「寿司屋」には、「寿司ネタ」しかありません。
「定食屋」には、「なじみの魚」しかありません。
「いわし屋」には、「イワシ」しかありません。

さかなや千本一には、あなたが今まで食べたことのないような、「変わった魚」がいます。
でも、実は「変わった魚」と思っても、漁師さんには「当たり前」の「うまい魚」です。
「マグロ」だって、「生の近海マグロ」です。
「トロちょーだい」というのが癖のあなたは、都会っ子。
マル(一匹丸ごと)のまま仕入れて、おろしたばかりの「近海生マグロ」淡麗な甘さといったら、これは、たとえ1キロ、ン万円の高級マグロのトロ身だってかないません。(と僕は思います。)

都会の高級店にもやはり、「変わった魚」をウリにした店があるでしょう。
でも、全席250席の当店で、ガンガン売りさばく魚種のバラエティーには、けっしてかなわないでしょう。そして、もちろん、その安さにも。

さあ!
なじみの魚を「ガツガツ」食べるのも、沼津流ですが、
「うまい魚」に、いろいろチャレンジできるのも、沼津流ならではです。

あなたは、どちらを選びますか?

総本店<沼津港>さかなや千本一 静岡県沼津市千本港町101千本一ビル TEL055-952-0025